#19…出崎演出だから光ります。

アニメ監督・出崎統(でざきおさむ)、止め絵・画面分割・透過光の三つをさして出崎演出と呼ぶ。そのため、ゲロと流血は光るのが特徴。

2巻 P51

1本目 4コマ

擬音「ロッパー」

榎本俊二の漫画「えの素」から。嘔吐する時の擬音。

2巻 P52

1本目 4コマ

蒔寺楓「あれ!?1年前のトラウマで「らめぇ! 堪忍してぇ!」とか とり乱したりしねぇの?」

  • 「らめぇ」:みさくらなんこつの漫画で使われるあえぎ声「らめぇ」から。字面どおり「イヤ」なわけではなく、「きもちいい」「もっとおねがいします」というニュアンスが強い。
  • 「堪忍してぇ」:官能小説(俗に言うフランス書院黒本など)でよく出る表現。これ以上責められると絶頂を迎えそうなときに使う。「らめぇ」の古語に近い。

2本目 4コマ

蒔寺楓「え!? ルストハリケーンがグレートタイフーンに進化したのか!?」氷室鐘「それじゃ克服になってないだろうが!」

  • ルストハリケーン:マジンガーZの必殺技。
  • グレートタイフーン:グレートマジンガーの必殺技。ルストハリケーンのように酸化腐食させる効果はなく、突風で吹き飛ばすだけ。

それじゃ克服できてないだろうが! という突っ込みはごもっとも。

2巻 P53

2本目 2-4コマ

氷室鐘「うむ! ヴォライユのコンカッセ悪魔風とか アニョー・ドゥ・レ エストラゴン悪魔風とか ソモン・フュメとガルニチュール悪魔風とか」三枝由紀香「全部「悪魔風」!?」蒔寺楓「つーか悪魔風ってどんなのだよ!?」

  • ヴォライユのコンカッセ
ヴォライユ(Volailles)=肉や卵を食用とするために飼育している家禽類の総称。鶏、鴨、鶉、鳩、ホロホロチョウ、うさぎ、カエルなど。
コンカッセ(concasser)=粗く刻むこと。5mm角を基本とする。

  • アニョー・ドゥ・レ エストラゴン
アニョー・ドゥ・レ(agneau de lait)=乳だけで育った生後6~8週間以内の仔羊。
エストラゴン(Estragon)=セルフィーユ、パセリとならぶフランス料理の三大ハーブ。英語ではタラゴン(Tarragon)。

  • ソモン・フュメとガルニチュール
ソモン・フュメ(saumon fume)=スモークサーモン。
ガルニチュール(garniture)=フランス料理のつけ合わせのこと。

2巻 P54

1本目 1コマ

──「悪魔風」──

背景にあるのは荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第三部、呪いのデーボのスタンド「エボニーデビル」。人形のほうが印象に残っている。
原作ではわずか1コマしか登場していない。

2巻 P55

1本目 3コマ

美綴綾子「特訓か──ジャリ満載の鉄鍋使って素振りしたり……」

おそらく西条真二の漫画「鉄鍋のジャン!」、秋山皆一郎がジャンに小石を満載した中華鍋の素振りをさせる場面から。
河原祐司との対戦前、五番町弥一の会話からの回想シーン。原作では左手でやってた。
「左腕の動きが遅くなったぞ たった千回の素振りくらいで音をあげるな バカモノ!」
「よいかジャン 鍋に入った小石は一粒たりとも落としてはいかんぞ」

1本目 4コマ

蒔寺楓「そのジャリを熱してガマ・オテナ式地獄突きやったり…」美綴綾子「おまえ それ料理にどう活かすんだよ」チョアー!! アヨー!

原作:梶原一騎、作画:原田久仁信の漫画「プロレススーパースター列伝」ブッチャー編「地獄突きがいく! ザ・ブッチャー」から。
カラテの破壊力は、パワーよりスピードが先決! どのていどのスピードが必要か、ガマ・オテナ先生に説明してもらおう。

「ライスをいためればチャーハンだが……小石をいためてどうする気だろ?」
「アマーラくん、このとおりジャリは高熱になっておる!」チョアーッ!! アヨーッ
「お、大やけどしますう、先生!」
「ところがごらんのとおり、なんでもない。要はスピード! スピードがあれば熱を感じるひまも やけどするひまもないが、もしスピード不足なら大やけどではすまず、指がとけてしまう!」

※アマーラくんは、ブッチャーの本名ゼーラス・アマーラのこと。

2本目 2コマ

蒔寺楓「ペンキ塗りやワックスがけをしていたら じつはそれが空手の特訓だったり!」

映画「ベスト・キッド」から。

2本目 3コマ

美綴綾子「なるほど! 卵を掴んでたら…じつはそれが蛇拳の特訓だったり!」

スネーキーモンキー/蛇拳から。

2本目 4コマ

沙条綾香「さびた日本刀で大木を斬るよう命じられたら…」

アニメ「機動武闘伝Gガンダム」、シュバルツとドモンから。

2巻 P57

2本目 1コマ

蒔寺楓「クッ…! まさかの氷室・遠坂による2000万パワーズ結成!?」「「悪魔」の力 身につけたのは伊達じゃねえ!?」

2000万パワーズは、ゆでたまごの漫画「キン肉マン」夢の超人タッグ編でのバッファローマンとモンゴルマンのチーム名。

アニメ「デビルマン」OP「デビルマンのうた」歌詞から。
「悪魔の力身につけた 正義のヒーロー デビルマン デビルマン」

2本目 2-3コマ

蒔寺楓「こうなれば すべてを捨てて戦うしかねー!」「いくぞ! 由紀っち!」「うっらっぎ──りもの──っ!!」

アニメ「デビルマン」OP「デビルマンのうた」の歌詞から。
「裏切り者の名を受けて すべてを捨てて たたかう男」

2本目 4コマ

蒔寺楓「空白の一日を利用した電撃トレード!」

1978年のプロ野球ドラフト会議直前に、巨人軍が江川卓との契約を強行した事件のこと。
当時のドラフト会議のルールでは、交渉権は次の会議の前々日まで有効であり、前日は会議参加のための調整に当てる日とされていたが、巨人はこの一日を「交渉の制限がない日」として江川との契約を締結。契約無効を主張するセ・リーグ会長と対立することになった。
最終的に、ドラフト会議で江川との交渉権を得た阪神が一度江川と契約、その直後に巨人とトレードするという変則的処置で帳尻を合わせたものの、一連の論争が国会で俎上にのせられるほどの騒ぎとなる。


  • 最終更新:2012-09-26 18:00:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード