青春の門

五木寛之の小説、および映画化作品「青春の門」から。

P95 1コマ

蒔寺楓「ガシャガシャ ぐぁつぐぁつぐぁつ」

大友克洋の漫画「AKIRA」、金田の食事シーンから。

「ガシャガシャ ぐァつぐァつぐァつ」
「このサンマがまた… あれェ 食べないのォ おいしいよ この人工サンマ…」
「え? ああ 今はいいです」

P97 4コマ

蒔寺楓「まあ少なくとも眼鏡好きだな! 眼鏡を否定することを口走った瞬間 疑似体液吹き出して死ぬぐらいの奴!」己は今 何を口にしたー!!

藤田和日郎の漫画「からくりサーカス」のドットーレ。彼の最期を看取っておくれ。

「フ…フランシーヌなど… オ…己に…」
「よせ…ドットーレ…」「考えては…ならぬ…」
「フランシーヌなど、己になんの関係もない! フランシーヌなど、己に関係ないわ!」

ルシールいわく
「ふ…お馬鹿さんなドットーレ。
 あんたは遂に、言ってはいけない一言を、口にしてしまったのさ。
 自分の生きる理由を手放して……自動人形(オートマータ)が存在できるものか……
 おまえはもう……おしまいだよ。」

「あ… オ……己は何を言った? 己は… 何を!? 己はアァア~!」
おかしいね、アンジェリーナ。テントの中に雨が降る…なんてあたたかくて、赤い雨………

あ~なんだ…からだが…おかしいぞ…た…体液が…

パンタローネいわく
「おまえは、考えてはならないことを考えたのだ……
 我々、自動人形はフランシーヌ様を笑わせて差し上げることのみが、存在する理由……」
コロンビーヌいわく
「フランシーヌ様と関係ない…なんて言ったら……
 アタシ達は…どうして、この世にいられる…のさ。」
アルレッキーノいわく
「おまえは…己が…機巧を動かす意味を…手放したのだ……
 ドットーレ。君は…おしまいだ…」

…あああ、そんな…フ…フランシーヌ様ァァ~ お…お許しください……
ドットーレの、本心ではないのです…!

ルシールは…ドットーレに…最期の贈り物を…渡したのだな……絶望という、人間の心を…

P98 3コマ

背景の美綴綾子「卑怯とは言うまいね?」

板垣恵介の漫画「バキ」の柳龍光から。
用務員に変装して学校に侵入し、範馬刃牙と闘う。

視えない──先端に繋いであるハズのデカい鎌が まるで視えない

P99 1コマ

蒔寺楓「そして第4の可能性として なんらかの事件のヒントとか…」壁のメッセージ「見て! 見て! 僕の中のモンスターがこんなに大きくなったよ! 夜半」

浦沢直樹の漫画「MONSTER」、シュプリンガー議員の屋敷、ヨハン・リーベルトがDr.テンマあてに残したメッセージから。

「何 震えてんだよ、ドクター」

Mein lieber Dr.Tenma. Sehen Sie mich! Sehen Sie mich!
Das Monstrum in meinem Selbst ist So groβ geworder!
”僕を見て! 僕を見て! 僕の中のモンスターが こんなに大きくなったよ、Dr.テンマ”

「ヨハンは……彼は楽しんでいる……」

  • 最終更新:2013-01-27 13:01:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード